NOEVIR STADIUM KOBE

スタジアムの歴史

昭和45年春に市立の球技場として誕生してから今日の開閉式の屋根を持つ球技専用スタジアムに至るまで、何度か姿を変えその時々で様々なイベントが行われてきました。
このページではそんなスタジアムの歴史を写真でご紹介いたします。

中央球技場時代

昭和45年春に神戸市立中央球技場として完成しました

22,100人を収容するスタンドと国内初の国際級夜間照明がありました

1982年に来日したボカ・ジュニアーズ、若きマラドーナ(10番)もプレーした

1983年に来日したニューヨーク・コスモスは日本代表と対戦

1984年に行われた読売クラブ対フジタ戦

PAGE TOP