神戸市御崎公園球技場

STADIUM HISTORYスタジアムの歴史

昭和45年春に市立の球技場として誕生してから、今日の開閉式の屋根を持つ球技専用スタジアムに至るまで、姿を変えてきました。その時々で様々なイベントが行われ、2002FIFA WORLD CUP ™など国際大会の開催会場にもなりました。

中央球技場時代

  • 1984年に行われた読売クラブ対フジタ戦
  • 昭和45年春に神戸市立中央球技場として完成しました
  • 22,100人を収容するスタンドと国内初の国際級夜間照明
  • 1982年に来日したボカ・ジュニアーズ、マラドーナもプレートップチーム公開練習
  • 1984年に行われた読売クラブ対フジタ戦

第一期工事

  • 遠方より
  • 工事開始
  • 遠方より
  • W杯規格の42,000人収容のスタジアムとなりました
  • 2001年11月 オープン
  • 2002年のワールドカップ日韓大会開催に合わせて改築

FIFAワールドカップ2002

  • スタジアム前
  • 記者室1
  • 記者室2
  • 南スタンド
  • 試 合
  • 入場待ち
  • 外国人サポーター
  • 満員の観客席
  • 夜になっても盛り上がっています
  • ブラジル対ベルギー戦

第二期工事

  • 開閉式の屋根を取り付け
  • 開閉屋根、パノラマレストラン、スポーツジム施設を整備
  • 屋根は天候によって開閉できます
  • 仮設席を撤去
  • 2003年 グランドオープン

ノエビアスタジアム神戸

  • スタジアム正面
  • スタジアム場内
  • 上空からのスタジアム
  • ヴィッセル神戸ホームゲームの風景
  • エントランス前正面広場の足型レリーフ